● Quine's Bookshelf ●

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
Dual Perspective


筒井康隆の傑作長編「パプリカ」が「千年女優」「妄想代理人」の今敏監督で
アニメ化するらしい。しかも音楽は平沢進。キタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!
http://www.madhouse.co.jp/

キャラデザが妄想代理人の安藤雅司というのもかなり期待度大。以前出版された
コミック版は個人的に今ひとつ好きになれないビジュアルだったんで、今回は
ちょいと気合い入れて製作して頂きたいものです。

それでもツツイ作品の映像化に関しては多少の、というか多大なる不安が
つきまとうのも事実。なんせ「七瀬ふたたび」という悪夢のような前例が
あるからなー。他の作品も割とアレだし。日常を舞台にした作品だったらまだ
イケるかなとは思うものの(富豪刑事?…ノーコメント)ことファンタジー
だったりSFだったりすると制作側の技術や予算などがダイレクトに反映して
しまうので、うっかり低予算のTVドラマ等で製作されようものなら、もう
目も当てられないデンジャラスな出来映えになること請け合い。

まあ本質的に文章から映像への完全な形での変換は不可能なのだと思うし、それ故
小説の映像化に際してはこういった不満はつきものなんだろうけど、正直なところ、
下手に手を出すくらいならいっそ作らないで頂きたい!という気持ちになることも
しばしば。本来その作品を違った視点から見る事が出来るという点において、映像化
自体は原作ファンにとっても喜ばしい事のハズなんですけどね。

文章表現を通して脳内で構築されたイメージと実際に「動く絵」として提示される
モノの間にある格差に変にこだわらず、原作は原作、映像は映像として楽しめる
姿勢を持てるのであれば、その分得るところも大きいと判ってはいるのだけれど、
自分が好きな原作だとついつい比較してツッコミを入れてしまう微妙なファン心理で
ございます。人間だもの。

ま、とりあえず今回の映像化に関しては頭を真っ白にしてタブラ・ラサな状態で
臨みたいと思っておりますが、どうなることやら。

ただ、原作がある意味「文章であるからこそ可能」な描写が多い作品だけに、これを
どう映像化するのかは実際非常に興味深いですね。とりわけ、この作品の見せ場の
1つであろうブレインダイブ描写などは、某「攻殻機動隊」以降その手の描写が
イメージとして定着しているだけに、ありきたりの表現を踏襲するのではなく多少
ヒネリを利かせてほしいものです。

ちなみに「時をかける少女」もアニメ化するそうなんだけど、こちらは原作もさほど
好きじゃないので「またデスカ?」という感じ。キャラデザは「エヴァ」の貞本義行。
ふーん。同じ「時かけ」でも、筒井自身によるセルフパロディの方は毒テイスト本領
発揮でかなり面白かったんだけどねえ。

本日のBGM : JOURNEY THROUGH YOUR BODY 〈P-MODEL / 1993〉
| quine | 書籍 | 14:21 | comments(1) | trackbacks(0) |
イエローサブマリンがやってくる

■ ライフ・アクアティック
THE LIFE AQUATIC / 2005 / 米

傑作「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」で各映画賞を総嘗めにした
ウェス・アンダーソン監督の劇場2作目。

いやもうワタクシ「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」心底大好きなわけですよ。
確かにこれといって爆笑できるわけでもなし、滅茶苦茶に感動するでもなし、
胸躍る大事件が起きるわけでもなしという、言ってしまえば映画的に極めて
「地味ー」な作品ではあるのだけど、かっちり組まれた構成、突出したセンスの
光る演出、登場人物の造形の上手さなどの要素が見事に組み合わさって本当に
素晴らしい映画として仕上がっていたと思います。どのシーンの何処がどうとか、
ここが笑えるとかそういうのではなくて映画それ自体として「好き」なんだよね。
とりあえずオープニングの人物紹介だけでガッチリ胸ぐらつかまれる映画って
そうそう無いよな。

そんでもって、2作目ですよ。期待しない訳がない。

まあ、実際1作目が素晴らしかった監督の次作品って大体、同じ系列のテーマを
扱って「前と同じやん!」というツッコミを入れられるパターンか、逆に無理
してかけ離れたジャンルに手を伸ばしあえなく自爆するパターンのどちらかに
陥りがちだと思うんだけど、今作は設定だけを取り出してみるとどう見ても後者。
何てったって「海洋冒険モノ」ですよ?潜水艦ですよ?

うわ、ウェス・アンダーソン大丈夫?って思うじゃないですか普通。

ところがビックリ非常〜に面白かったんだなこれが。先に述べた「かっちりした
構成、センスの良い演出、人物造形の秀逸さ」は前作のクォリティを維持した
まま今作でも際立っており、しかも前作には無いアクション(?)や特撮(CGでは
ない)などの新たな要素を盛り込むなど、映画として非常に完成度の高い作品に
仕上がっていたように感じます。まあ考えてみたら「テネンバウムス」は1つ屋根
の下に押し込められた家族間の悲喜劇、こちらは船の中に押し込められた疑似家族
のドタバタ、というわけでそれほどかけ離れた題材でもなかったわけですね。

著名な海洋冒険家にしてドキュメンタリー監督でもある主人公を演じたのは、
ロスト・イン・トランスレーションで2003年アカデミー主演男優賞を取って
しまったビル・マーレイ。今作はウェス監督が彼を念頭においてプロットを
書いたというだけあって、まさにハマり役。この人ってゴーストバスターズの
頃からかなり好きな俳優なんだけど、胡散臭くて嫌味な人物を演らせたら彼以上
の存在はいないよね。(「3人のゴースト」での人非人っぷりは素敵すぎる)
冒頭の主人公が監督した「ドキュメンタリー作品」の映像からして、胡散臭さ
120%でとっても素晴らしい。

その他ジェフ・ゴールドブラム、ウィレム・デフォーなど渋い配役が多いのも
嬉しい限り。デフォーは今回主人公を尊敬するあまり彼の息子に対して嫉妬の
炎を燃やすエンジニアといった役どころなんだけど、彼がコミカル(つーか、
へなちょこ)な役を演ずるのって初めて見たんで、この人こういう路線も
イけるんだとちょっと感心しました。ホントいい役者だよなあ。

ちなみにこの映画で登場する海中シーンおよび生物は全て特撮(CGではなく
モーションアニメ)で作成されており、確かに賛否両論あるかとは思うのだけど
個人的にはどこか懐かしいというか、幻想的で非常に美しい映像だと感じました。
リアリティはさておき。

しかしながらこういうノスタルジックなテイストの海中シーンって、前にどこか
で見たことあるよなーとか思ってたら「トム&ジェリ−」を初めとするハンナ・
バーベラのアニメに出てくる海の中にそっくりだということに気がついた。
1940年代あたり、海がまだ不思議の宝庫だった時代の描写ですね。この映画全体
がその辺りのノスタルジーを意図的にまとっていることは明々白々なのだけど
(なんせ「海洋」で「冒険」ですから)その狙いと自分の幼少期のイメージが
合致するのって、なんかちょっと嬉しいですね。

ともあれ、今作で一発屋ではないことを証明してみせたウェス・アンダーソンの
明日はどっちだ!?噂によると、次の作品は今作の特撮担当ヘンリー・セリック
(ナイトメアー・ビフォア・クリスマスの人ね)と再び組んでアニメーションを
作成するとのこと。期待大ですな。

どーでもいいけどこの監督、1970年生まれってことは、まだ34、5歳くらいなのね。若っ!

追記:

BGMにDEVOを使ってたり、どうもピコピコした音が目立つなーと思ってたら、
それもそのはず音楽監督がマーク・マザーズボーだった。というか、前作
ロイヤルテネンバウムズの音楽も、すべてマザーズボーだったとのこと。
全然気がつかなかったああ!うかつ!愚か!

本日のBGM : Gut Feeling 〈DEVO / 1978〉
| quine | 映画 | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
デビルチョップはパンチ力


評判が立つほど不味いラーメン屋って、つい入ってみたくなるのが人情ってもん
ですよね。というわけで、今更ではありますがようやく拝見しました、実写版
デビルマン。前々からあちこちで「酷い」だの「トラウマ」だのという噂は聞いて
いたのだけど実際見てみるともう、なんというか「スゴい」とかそういう言葉では
とても表現仕切れないほどの非常に奥深い作品でありました。こんな映画を真剣に
作れてしまう制作者の頭の中はどういう構造になっているのか、本気で気になります。

一通り見終わった感想ですが、とりあえずどんなに良心的に見ようと努めたところで
「学芸会を2時間近くも見続けるのは苦痛以外の何物でもない」ということでしょうか。
自分は映画を見る際に俳優の演技に関してはさほどウルサイ方では無いと思うのですが、
延々と続くセリフ棒読みの嵐にはさすがに笑顔が凍り付きました。脇役の、しかも
子役の演技が一番秀逸というのは、なんぼ何でもマズイでしょ、商業映画として。

また、この映画の肝ともいえるCGもホントに2004年の映画なのかと疑わしくなるほどの
お粗末さでゲンナリ。というか昨今CGに走る映画制作者達って、どーしてどいつも
こいつもこうなっちゃうかなあ。全面的にCGに頼り過ぎ。しかも上手く使えてないから
違和感バキバキ。せっかく製作が東映なんだから、今まで培ってきた特撮の技術を
もっと使えば良かったのにね。まさか制作者達は「CG>特撮」とか考えてるんじゃ
ないだろうな。この程度のレベルでしかCG使えないくせに?まさかねー。
まあ、実際は特撮使おうがナニを使おうが、それでクォリティが向上するような簡単な
代物じゃないんですけどね。悲しいかな。

そして極めつけは演出。たぶん今まで見た映画の中でも指折りの酷さかと思われます。
ここまでヒドいと、いっそ清々しいな。映画化した作品を原作と比較してどうこう
言っても始まらないのは承知しているけど、ここまでアレだと制作者達は本当に原作を
読んだのかどうか真剣に疑ってしまいます。読んでたとしても小学生以下の読解力。
永井豪も喜々として出演している場合ではない。

中でも特筆すべきはやはりラストシーン。壮絶な最終戦争の後、明と了が穏やかな
表情で空を見上げつつ、世界が無へと帰してゆく原作のラストは本当に素晴らしい。
そんな素晴らしい場面を映画ではどう料理するのか?以下、映画ラスト部の概略。

巨大な月、赤い海、海辺に横たわる二人。
(どっかで見たねこんなシーン。懐かしい。)
半身が失われ、死にゆく明。それを見た了、

「なんだよ、お前、死ぬなよ!(棒読み)」
「デビルマンだろ、生き残れよ!(棒読み)」

うわー、だいなしだー!というか、致命傷を負わせたのは他ならぬ了である。アホか。
そして息を引き取る明。それを悲しんでいたかと思うと、いきなり喀血する了。

「俺も…すぐに逝く、待ってろよ、明(棒読み)」

それを聞き、明の頬がかすかに緩む。あれ?確かたった今死んだのではなかった?
それを見て了は大喜び。良かったね。

「笑った!明が、明が笑った!あはははは−」

以上。

…本気じゃないよね?ギャグだよね。つられてこっちもつい笑ってしまいましたよ。
監督のウィットに富んだユーモア溢れる温かい人柄が伝わってきそうな、何とも
微笑ましいシーンでした。いや、映画ってほんっとーに面白いものですね。つーか
もうどーでもいいや。


教訓

いくら評判でも、不味いラーメンはあくまで不味いラーメン。食べなくてよろしい。

勉強になりました。


本日のBGM : Pop Song 〈David Sylvian / 1989〉
| quine | 映画 | 09:35 | comments(5) | trackbacks(3) |
へんじがない…ただのしかばねのようだ

※今回は文章にグロテスクな表現が含まれております。

久々に熱出して3日間ほど寝込んでおりました。原因は恐らく先日断行した
「一人ホラー祭り」で見たドイツの狂人監督、ユルグ・ブットゲライトによる
最低映画「ネクロマンティック」かと思われます。

どーいう作品かと言いますと、まあ読んで字の通りネクロ嗜好の方々の素敵な
日常を描いたステキ映画なんですけど、いやもういろんな意味でお腹いっぱい。
しばらくピザとかパスタとか食べれなさそう。ゲフー。しかも何がイヤって、
この作品が実は「ホラー」ではなく「嗜好に対する殉教」を描いた映画だと
いうことでしょうか。要するに極端な意味での「純愛映画」。映画で描かれる
のは「死体」に対する主人公のひたすら純粋な執着のみであって、観客を
怖がらせようとか、そういう気は全く無いんだよねこの監督。困ったもんだ。

で、こういった形態の愛情を貫こうとするなら、そりゃ世間じゃ生きて行けなく
なるわけで、当然の帰結として主人公は自らを「最も愛おしい存在=死体」へと
変態させるべく自慰行為を行いつつ割腹するわけなんですが、この描写がまた
妙に生々しくて、観ててさすがにグッタリ。こーいうシーンの細部描写にやたら
凝りまくってしまうブットゲライトの職人気質(てか好き者根性)を微笑ましく
思いつつも、これを上映禁止処分としたドイツ政府の判断は実に正しかったと実感。

でも「嫌い」じゃないんだな、これが。困ったもんだ。自分にはネクロフェリア
の気はない(あたりまえだ)のだけど、生と死、美的なものとグロテクスなもの
のあまりにダイレクトなコントラストは、見てて本当に「美しい」と感じたし、
恐らくそれこそが監督の狙いだったのだろう。実際、相反するモチーフを交互に
描くことでモチーフ自体を際立たせるという手法は映画的にはさほど珍しい技術
ではないのだけれど、ここまでストレートで両極端な(死体とエロスだよ?)
チカラワザでごり押しされると、もう素直に感心するしか無いよね。ネットなどで
検索すると彼の作品は「映画ですらない」などと言われていたりもするけど、
ここまでやったらもう立派に「映画」でしょ、これは。もっとも「物凄くヘンな」
映画であるという点に異論はないですけど。

同様に「死」というモチーフを扱ったブットゲライトの2作目「死の王」もグロな
表現をぐっと押さえ、非常に繊細で素敵な映画に仕上がっていて好感が持てる。
もちろん生を肯定するような内容ではなく、むしろ「GOGO!自殺!」な内容である
からして、当然政府から上映禁止処分を受けることになるわけなのだが。

と、ここまで書いて「意外とブットゲライト好き」な自分に気がつく。んじゃ、
何故に寝込むほど具合が悪くなったのか?それはやはり人間「限度」というもの
があるわけでして「ネクロマンティック2」で登場した腐乱死体、アレはさすがに
やり過ぎ。熱出した直接原因はこいつだな。映画的な構成や意図よりも視覚的・
感覚的に嫌悪感が先立ってしまって本気でダメでした。しかもブットゲライトも
止せばいいのに悪趣味全開でディテールにこだわって作ってるもんだからもう
最悪。風呂場での解体シーンはもう永遠に見返すことないだろうなあ。
あああ、思い出しただけで気分が…。

口直しに見た名作ホラー「ヘルハウス」の健全なこと。グロな描写はほとんど
用いず、ストーリ−と役者の演技と背景の緊迫感だけで引っ張って行く正統派
幽霊モノ。昨今、こういう静かなテイストの作品ってあまり無いよね。実際
ちっとも怖くないあたりが問題と言えば問題な気がしないでもないのだけど、
霊媒役のパメラ・フランクリンがとんでもなく可愛いかったのでまあ良しと
しましょう。そんなわけで次回はパメラ・フランクリン祭りに決定!


本日のBGM : Dawn of the Dead 〈Goblin / 1979〉
| quine | 映画 | 06:20 | comments(2) | trackbacks(1) |
イケナイコトカイ


■ ケンタッキーフライドムービー
The Kentucky Friend Movie / 1977 / 米

最近元気が無くて心配なジョン・ランディス監督
によるオムニバス・コメディ。よくもまあここまで
バカなこと考えて、かつ実行したものとつくづく
感心するやら飽きれるやら。

全体的に下品でエロでブラックでどーしようもない
馬鹿映画なんだけど、実はこういうの割とすっごく
好きです(カミングアウト)。申し訳ない。

中でも映画の3分の1を占める「燃えよドラゴン」
のパロディの馬鹿馬鹿しさ、意味の無さは空前絶後。
主人公が東洋人という一点を除いてブルース・リー
に似ても似つかない中途半端なキャラなのもよし。
明白に自由の女神が映っている映像に「Hong Kong」
とかテロップをつける潔さもよし。何でラストが
「オズの魔法使い」なのか、とか考えたら負けだ!

あとはHOW TO SEX系のレコードのおまけで本物の
屈強な大男が付いてくる話とか「体感映画」を上映
している劇場で実際に後ろから身体をまさぐる係員
がいる話とか、例を挙げて行くとキリが無いのだけど、
全体を通して「アメリカ人ってホントバカだなー!」
と心底思える作りとなっていて非常に素晴らしい。
いや、褒めてるんですよ、嘘じゃなく。

実際、こういうバカみたいなことを全力でやって
しまう感覚というか、計算づくで馬鹿映画を作る
センスみたいなものは、日本のコメディ映画及び
バラエティ番組ではなかなか見られないですよね。
日本のコメディって、自信の無さの裏返しなのか
どうしても「これって面白いと思うよね?」の
「ね?」という押し付けがましい部分が妙に強調
されて、結果内輪ノリで制作者側のみが楽しんで
いるような寒々しい作品ばかりになってしまって
いるような印象を受けるんで(そうじゃない製作
者も確かにいることはいるんですけど)ちょっと
この手のスタイルを見習って、開き直った笑いを
ゴリゴリ追求して頂きたいところですね。もっとも
こういう映画しか無い状況というのもそれはそれで
物凄くキモチワルイとか思ったりするわけですが。

ちなみにランディス監督による同系の作品としては
「アメリカン・パロディ・シアター」
(原題:AMAZON WOMAN OF THE MOON)などが
挙げられますが、そちらもまあ同じようなテイスト
なんで、そーいうの好きな人だけ見てください。
完全に透明になったと『信じている』主人公が全裸で
街へ繰り出して大暴れ(笑)したりする「透明人間 Jr」
は相当な名作だと思うけどなあ、僕は。

ただ、モンティパイソン系の作品でもそうなんだけど
元がどんなに良い作品でも字幕が古くさくなっちゃって
ダメダメということがしばしばありますね。とりわけ
この手の映画って、止せばいいのに時事ネタとか流行の
ギャグなんかを字幕に勝手に盛り込んじゃってるため、
後々見てて背筋が凍りそうになったりします。
「見てちょんまげ!」には心臓止まるかと思ったぞ!

※最新版の字幕監修はみうらじゅん氏が担当とのこと。
 未見ですがかなり期待大ですね!

本日のBGM : 聖書(バイブル) 〈岡村靖幸 / 1989〉
| quine | 映画 | 04:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
吹けば飛ぶよな男だが


■ ミステリーメン
Mystery Men / 1999 / 米

ヒーロー志願のダメ人間3人組が悪漢に捕まった
ヒーロー(本物)を救い出し、最終的には世界全体
の平和を守る、というまるでX-MENをパロったかの
ようなテキトーなストーリーのみ取り出すと、特に
これと言って語るべきことも無い凡庸なB級映画
かと思われるでしょうが、否!違います。断じて。

とりあえず主人公を演じたベン・スティラーがグ−。
名作『ロイヤル・テネンバウム』の長男役でも妙に
ジャージ姿が似合っていて素敵でしたが、今作でも
必殺技が「怒ること(しかも弱い)」というダメダメ
なエセヒーローを怪演しており、いい味出してました。
大暴れしつつ全力で敵の車のエムブレム剥がすとか、
セコい攻撃ばっかなあたりが個人的に非常にツボです。
以前から割と好きな俳優なんだけど、日本じゃあんまし
人気無いよね(全世界的にか?)彼が監督・出演した
「リアリティ・バイツ」も結構面白かったんだけどなあ。
ウィノナ・ライダー可愛かったし。まあ、あまりにも
自分を格好良く描きすぎていて、途中「おいおい!」
とツッコミを入れたくなったのも事実ではあるけれど。

他の登場人物としては、武器がシャベルとスコップ
という「シャベルマン」(それってタダの土方の
おっさんでは?)だの、イギリス人のくせにインド
かぶれで特技はフォーク投げの「ブルー・ラジャ」
だの、亡き父親の頭蓋骨が入ったマイボールを
投げまくる「ボウラー」だの、殺人的なオナラしか
取り柄の無い「スプリーン」だの、訳の分からない
キャラが延々と続出。映画は全体の流れを無視して
奇人変人大集合的色彩を帯びてゆくのでありました。
変態大量出演!とかいうとまるでピンクフラミンゴ
みたいですが、まあ間違ってはいないです(たぶん)

大金を投入した割にハリウッドで全くヒットせず
日本では劇場ですら公開しなかったという事実も
頷けるわな、これじゃあ。

あと、「廃墟にこもり、殺傷能力の無い兵器(笑)
の開発に心血を注ぐマッドサイエンティスト」役で
トム・ウェイツが出演している点も見逃せないです。
相変わらず美味しいとこ持ってくなあ、おっさん。

本日のBGM : ミステリアス・ガイ 〈Yapoos / 1991〉
| quine | 映画 | 07:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
67年もエロな年?


■ バーバレラ
BARBARELLA / 1967 / 仏・伊・米

ストーリーとか特撮とか演技とか、そういった要素は
この映画を語る上で全く必要のないものだと思うので
とりあえず割愛。映画的な構成は、基本的にジェーン・
フォンダをひたすら強引なエロ・シチュエーションに
持って行くためだけに存在しています。一応SFらしい
体裁を取っているのですが、西暦40000年という設定
や宇宙船のコンピュータのテキトーな台詞など、もう
どうでもいい気分が前面に押し出されており、いっそ
清々しい感じすらして好感が持てますね。

まあ、オープニングの無重力ストリップのシーンは
曲も可愛いしロゴの入れ方なんかも格好良いので、
実は結構好きだったりするのですが。

しかしながら出会う男全てと関係を持っていくという
アナーキーっぷりは、実は「イージーライダー」に
おける実弟ピーター・フォンダがそうであったように
形は違えどへンリー・フォンダという絶対的権力への
抗いなのではないか、と考えると、バカ映画とはいえ
これで結構深いテーマを掘り下げることが出来そうな
感じで、非常に興味深いです(嘘)

後半、バーバレラが不時着した惑星を支配している
女王様とやらが出てくるんですが、キャラクターに
一貫性が無いのか行動があまりにも唐突なんで結構
笑えました。そりゃ精神に病を持った人だってば。

あとアントニオーニの「欲望」で主人公を演じていた
デビッド・ヘミングスがへっぽこな役(あっさり死ぬ)
で出ているのも泣かせますね。こんな配役でよく出演
を了承したなー。エロエロ光線に当たったか?

本日のBGM : 20世紀の終りに 〈ヒカシュー / 1979〉
| quine | 映画 | 06:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
君は自転車泥棒


■ ピーウィーの大冒険
PEE-WEE'S BIG ADVENTURE / 1985 / 米

ジャンジャックサトー氏イチ押しの希代の迷作。
監督は今や巨匠(なのか?)のティム・バートン。
とりあえず盗まれた自転車を取り戻すだけの話で
2時間持たせてしまうのはスゴいと言っておこう。
スーツに蝶ネクタイというオールド・ファッション
な出で立ちで異常なテンションを常時保ち続ける
ピーウィー・ハーマンのキャラ造形は良くも悪くも
強烈の一言。「篠原ともえとの共通性を感じるよね」
とはサトー氏のお言葉。なるほどなあ。

実はピーウィーって以前からキャラが濃すぎる
というか、いい年こいた大人が幼児そのまんまの
行動をとりまくるという点が見苦しすぎてかなり
苦手だったんですけど、今作を見てちょっとだけ
好感度がUP。人間なんでも慣れるものです。
もっともピーウィー世界の中では「OK」、という
ことであって、実際に隣人がこんなんだったら即、
お巡りさん呼んじゃうだろうな、とは思いますが。

そういえば昔、日本のCMにも出ていたよね?

本日のBGM : 何故かバーニング 〈ヒカシュー / 1979〉
| quine | 映画 | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
Rotation


そんなこんなで、やっと見ましたー「千年女優」!
…って、遅いってば常に。今更コレ見てどうのこうの
言ってるのって、東京広しといえども自分くらいな
もんじゃないだろうか。ううう。

実際見終わってみると、虚構と現実とが交錯していく
ストーリー展開とか、大正から昭和にかけての細部
まで丁寧に作り込んだ描写の美しさとか、往年の古き
良き映画ポスターデザインのパクり方の上手さとか、
キャラクター造形の巧みさとか、女学生はやっぱし
袴で自転車だよなー、とか、とにかく自分のツボに
スルリと入り込むような出来の映画だったわけで、
今まで頑なに無視し続けていたのを激しく後悔。

まあ、初監督作「PERFECT BLUE」が個人的にもう
ダメダメだったため、今敏という監督に対する自分の
中の評価が非常に低かったのは確かなんだけど、
その後「東京ゴッドファーザーズ」を見てある程度
考えを改めていたはずなんだけどなあ。やはり一つの
作品で作家に対する評価を決めてしまうと、意外と
良い作品を見落としてしまったりするね。反省反省。

ただ、難点を挙げるとするならば非常に良くできた
「映画」ではあるかもしれないけれど、それ以上に
見ているこちらの「現実」を浸食し、一瞬なりとも
自分の立っている足場をグラつかせるほどの破壊力は
ない、かなーと思ったり。「PERFECT BLUE」にしろ
「東京ゴッドファザーズ」にしろ「妄想代理人」にしろ
フラッシュバックを多用して時間軸を交錯させたり
虚実入り乱れた展開で観客を煙に巻いたり、様々な
手法で既存の物語展開から脱却を謀ろうとする意志
は見受けられるのだけれど、どうにも結局すべてを
「物語」として着地させてしまうんですよね、この人。
すんなり受け入れられる「お話」にしてしまう。
「PERFECT〜」が嫌いだった理由は、せっかくアニメ
という自由自在なメディアを用いておきながら、なんで
実写でもできそうな(しかも実写であってもさほど
面白くなさそうな)お話を作っちゃうかなー、という
憤りだったのだけど、この「千年女優」はアニメという
メディアならではの手法を巧みに使用していて非常に
クォリティの高い作品だったと思うし、自分としても
かなり「好き」な部類に入る作品なんだけど、如何せん
良くできた「お話」としてまとまってしまっているため、
「ちょっとイイ話」の領域を出ていないのも確か。
作家の顔が見えてこないんだな。作品の中から。

まあ、エンターテイメントなんだからそれでええやん!
とか、お前の感情移入能力が乏しいだけじゃい!とか
言われてしまえばそれまでなのかもしれないけれど、
せっかく時間を割いて作品を鑑賞するのだから、自分
としてはやはりそういった強度のある作品をどうしても
望んでしまうんだよね。まあ実際日本のアニメ界という
フィールドでそういった脱構築的なモノに対する需要が
果たしてあるのか、ということを考えると難しい注文
なのかもしれないけど。

もっともこの作品を通して今監督への評価が自分の中で
また高まったのも確かなんですが。いい仕事してますよ。

しかしながら「帝都物語」にせよ「ゲルニカ」にせよ
北神伝綺」にせよ、自分はつくづく大正〜昭和モノに
弱いなー、と実感。(…サクラ大戦?何のことかな?)
何というかあの時代特有の空気感に異常なほど惹かれて
しまうんですよね。なんか因縁でもあるのだろうか?

本日のBGM : ロタティオン(LOTUS-2)〈平沢進 / 2002〉
| quine | 映画 | 04:18 | comments(1) | trackbacks(1) |
とにかくここがパラダイス


今日は仕事が休みだったので、先月OPENしたテクノ
ポップ専門店「Shop Mecano」に行ってみましたよ。

元ディスクユニオン渋谷2号店店長、DEW/SYUN
企画主任、ロックライターなどなど、数々の肩書きを
お持ちの中野泰博氏が店主を務めるテクノポップ〜
エレクトロ〜インディー音楽を集めた夢のショップ 、
ということで、ある程度の期待を持って参上したわけ
なのですが、実際行ってみると予想を遥かに上回る
品揃えでびっくり!PINKやらヒカシュー巻上氏のソロ
やらナゴムやら、まさに今まで自分が憧れつつも入手
困難で諦めざるを得なかったブツや、Moon Ridersの
「マニア・マニエラ」カセットブック版などといった
半ば伝説化しているブツがもう、至る所にゴロゴロ
してるじゃないですか!鳥肌が立つ程の宝の山を前に、
嬉しさを通り越してひたすら感動してしまいました。
もちろん店内BGMも全て「そっち系」。ああああ、
なんたる至福、なんたる恍惚。ここはどこ?天国?

テクノポップやらニューウェイヴやらの専門店が
できること自体、有り難くて涙が出そうな話なのに
輪をかけてこの至れり尽くせり具合ですよ奥様。
ずっと望んでいた「こんなお店、あったらいいな」
が叶ってしまった感じですね。

中でも棚一つ使ったP-MODEL系のラインナップは
圧巻の一言。過去から現在までのアルバムをはじめ
メンバーのソロ作品、Pグッズから平沢Tシャツまで
何でも来いの充実っぷり。「アンチ・ビストロン」
のShop Mecanoバージョン(この店の為に平沢進が
わざわざ作って寄贈したとのこと)なんてものまで
あって、普段HMV等の大手ショップで寂しい思いを
しているファンの琴線をくすぐりまくること請け合い。

ともあれこの店は全力で支援せねば!ということで
今回は「核P-MODEL トーキョー・ビストロン(DVD)」
と「核P-MODEL アンチ・ビストロン Mecano ver」
を購入。締めて¥7,200也。いいんです、こういう
素敵な場所が存続するならば、ウチの家計なんて
もうどうなったっていいんです。

…とか言いつつも、この店に丸一日放置しといたら
普通に10万くらいポーンと使ってしまいそうな自分が
結構真剣に恐ろしかったり、いとおしかったり。

本日のBGM : アンチ・ビストロン〈核P-MODEL / 2005〉
| quine | 音楽 | 06:02 | comments(3) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)
ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF) (JUGEMレビュー »)
ウィリアム ギブスン,ウィリアム・ギブスン
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE