● Quine's Bookshelf ●

<< 青いバナナと夏空と | main | Rotation >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
とにかくここがパラダイス


今日は仕事が休みだったので、先月OPENしたテクノ
ポップ専門店「Shop Mecano」に行ってみましたよ。

元ディスクユニオン渋谷2号店店長、DEW/SYUN
企画主任、ロックライターなどなど、数々の肩書きを
お持ちの中野泰博氏が店主を務めるテクノポップ〜
エレクトロ〜インディー音楽を集めた夢のショップ 、
ということで、ある程度の期待を持って参上したわけ
なのですが、実際行ってみると予想を遥かに上回る
品揃えでびっくり!PINKやらヒカシュー巻上氏のソロ
やらナゴムやら、まさに今まで自分が憧れつつも入手
困難で諦めざるを得なかったブツや、Moon Ridersの
「マニア・マニエラ」カセットブック版などといった
半ば伝説化しているブツがもう、至る所にゴロゴロ
してるじゃないですか!鳥肌が立つ程の宝の山を前に、
嬉しさを通り越してひたすら感動してしまいました。
もちろん店内BGMも全て「そっち系」。ああああ、
なんたる至福、なんたる恍惚。ここはどこ?天国?

テクノポップやらニューウェイヴやらの専門店が
できること自体、有り難くて涙が出そうな話なのに
輪をかけてこの至れり尽くせり具合ですよ奥様。
ずっと望んでいた「こんなお店、あったらいいな」
が叶ってしまった感じですね。

中でも棚一つ使ったP-MODEL系のラインナップは
圧巻の一言。過去から現在までのアルバムをはじめ
メンバーのソロ作品、Pグッズから平沢Tシャツまで
何でも来いの充実っぷり。「アンチ・ビストロン」
のShop Mecanoバージョン(この店の為に平沢進が
わざわざ作って寄贈したとのこと)なんてものまで
あって、普段HMV等の大手ショップで寂しい思いを
しているファンの琴線をくすぐりまくること請け合い。

ともあれこの店は全力で支援せねば!ということで
今回は「核P-MODEL トーキョー・ビストロン(DVD)」
と「核P-MODEL アンチ・ビストロン Mecano ver」
を購入。締めて¥7,200也。いいんです、こういう
素敵な場所が存続するならば、ウチの家計なんて
もうどうなったっていいんです。

…とか言いつつも、この店に丸一日放置しといたら
普通に10万くらいポーンと使ってしまいそうな自分が
結構真剣に恐ろしかったり、いとおしかったり。

本日のBGM : アンチ・ビストロン〈核P-MODEL / 2005〉
| quine | 音楽 | 06:02 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:02 | - | - |
いいなあ、何が良いって
感極まって浸っちゃえるとこさ
そりゃ天国でしょうよ。

最近すっごく惹かれるものに出会ってないな〜

たぶん無いんじゃなくて
何か自分に無くなっちゃたものがあるんだろうかあ
| jam | 2005/07/05 8:31 PM |
昔から何にでも手を出す上に熱しやすく冷めやすい
という結構タチ悪い人間なんだけど、一度ハマると
案外しつこくその対象に惹かれ続ける傾向があるん
ですよね、自分。しかもニューウェイヴとか80'sとか
って自分にとってアイデンティティの拠り所みたいな
とこがあるから、そりゃもう浸るわなー。ひたひた。

でも、実際何かにハマる時って理性で「好き」なだけ
じゃなくて、何というか放っといても勝手にアンテナ
に引っかかって来るというか、より根源的で感覚的な
部分で惹かれているように思うんだよね。どれだけ
言葉を用いて表現しようとも、アンテナを通して理性
じゃない部分にガンガンと来てる以上、その対象の
「何がどう好きか」なんて結局は後付けでしかないと
思うし、そんなのハマってから考えればいいと思う。

JAMさんの場合も「惹かれるモノが世間にない」とか
「自分の中の何かが無くなった」とか、そういう
深刻な問題なのではなくて、単純に「現在JAMさんの
アンテナに引っかかって来るモノがない」というだけ
のことなんじゃないのかな?

結局、自分のアンテナに引っかかってこないモノは
どんなに他人が褒めようが持ち上げようが、本人に
とっては「必要ない」ものだと言えるわけで、
とりあえず何か自分にとってキャッチーなネタが
引っかかってくるまでアンテナ立てつつのんびりと
気長に過ごすのも良ろしいんじゃないでしょうか。
| maru | 2005/07/06 6:19 AM |
いやはや、だってさ
何年か前に気付いたのさ

同じ風景でも
その時の自分の状況によって全然世界観が違うって
単純に目に見える風景さ。

何か月前は自分にとって何の関わりもない場所なのに
ドキドキしたり何かおきそうって常に新鮮に感じたりするんだよ。

まったく同じ場所で同じ情景で
またある時期にたてば殺伐としてみえたり
またある時期は、違う種類のドキドキした風景になる。

そうだから、なにもかも自分によって
刺激物も変化し無意味にもなる。

何事もなく過ごせば
何事も無く過ごしてしまうそのまんまだ。

そういった意味でも
あえて何事に触れることを自我自分にすすめ
痛い目に多少なり受け人間を振るうことに力をいれるんだ。
| JAM | 2005/07/06 9:41 PM |









http://quine.jugem.cc/trackback/12
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)
ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF) (JUGEMレビュー »)
ウィリアム ギブスン,ウィリアム・ギブスン
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE