● Quine's Bookshelf ●

<< お元気そうで何より | main | 青いバナナと夏空と >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ASHURA CLOCK


あちらこちらのメディアやら批評家やらが
散々語り尽くしたような状況で何をいまさら、
といった感が無きにしもあらずではありますが、
遅ればせながら舞城王太郎の小説「阿修羅ガール」
を読んでみました。初・舞城体験。遅咲きボーイ。

本当は電車の中とかで少しずつ読んで通勤時間の
ヒマをつぶそうとか思ってたのに、思わず超熟読
したうえ1日で読了。本を読んでてページをめくる
手が止められない感覚ってホント久しぶり。

ただ、別段ストーリーが面白すぎて…とか、先読み
できない展開から目を離せなくて…とか、女の子の
キャラが萌え萌えで…とか、そういった理由で読むの
止まらなくなったわけじゃないんですよね。
確かにそういった「小説の骨格」となる部分も非常に
魅力的ではあるし面白いんだけれど、この作家の場合
何よりも「文体」が飛び抜けて素晴らしい。作品を
「読む」という行為自体が、もう純粋にテキストを
追っかけていく悦びに満ちあふれているのですよ。

例えるならば最も勢いがあった頃の高橋源一郎の、
日常会話の言語をベースに俗語から隠語、専門語
からマニアックなマンガネタといった、あらゆる
「毒」や「笑い」や「皮肉」や「可愛らしさ」を
ぐちゃぐちゃにばらまいて読者を煙に巻きつつも
猛烈な加速度で次の文章を読ませてしまう、あの
たたみ掛けるようなキモチ良さ。あれに近いかも。
…とか思わせて油断させつつも、タカハシさんとは
また違った方向にグイグイと引っ張っていくあたり、
一筋縄ではいかないこの作家の奥深さを感じて平伏。
とりわけ第二部「三門」に入ってからの文章の疾走感、
濃密さ、愛らしさ、間の上手さときたらもう完全に
白旗降って降参状態。まいった。こんなん突きつけ
られたら、もはやひたすら「読む快楽」に身を任せて
「アヘー(のだめ)」となるしかないじゃないですか。

まあ、とどのつまりは、ひどく乱暴に言ってしまう
ならば、僕はこの作家の文体に「萌え」てしまったの
ですね。それこそ舞城的に「ニチニチニチニチ」と
脳をじんわりじんわり浸食されてしまったわけですよ。

実際は殆どの文章が主人公アイコの1人語りだったり
するわけで、そういう意味ではアイコに対して
「キャラ萌え」してると言えないこともないのだけれど、
キモチ良ければどっちでもいいや。

そういえば某雑誌の書評で舞城氏のことを「ミステリ、
純文学、ライトノベルの有り得ない三叉路にただ1人
屹立する存在」と表していたけど、読んでみて割と納得。
なるほどなるほど。「純文学」だの「アート」だの
「サブカル」だのといった固定化されたフィールドを
飄々と無視できる(「飛び越える」ではない)感覚の
持ち主ならではの、この軽さと重さの混在具合なわけ
ですね。フムフム。こういったバランス感覚って自分
としては非常に共感する部分が大きいし、だからこそ
実際読んでてものすごく心地良かったりするんだろうね。


「アイムプリティファッキンファーフロムOK」
…なるほど名言だわ。

本日のBGM : ASHURA CLOCK〈P-MODEL / 1997〉
| quine | 書籍 | 04:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:44 | - | - |









http://quine.jugem.cc/trackback/8
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)
ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF) (JUGEMレビュー »)
ウィリアム ギブスン,ウィリアム・ギブスン
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE